事業承継補助金.com │ 申請代行、承継後の成長戦略も立案

事業承継補助金.com

行政書士オフィスMIRAI/株式会社フューチャースタイリスト

050-5850-3422

電話受付時間 : 平日9:30~20:00休業日:土日祝(緊急案件は休日も対応可)

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

スリーサークルモデル

スリー・サークル・モデル

ファミリービジネス(同族経営)は、日本企業の約97%を占めています。
ファミリービジネスはスリー・サークル・モデルで説明され、以下の3要素で構成されています。
①オーナーシップ(所有)
②ファミリー(家族)
③ビジネス(経営)

ファミリービジネスでは、このスリー・サークル・モデルの3要素のバランスが重要です。

①オーナーシップ
オーナーシップとは「所有」のこと。会社の所有者(株主)を意味します。
事業承継においては、自社株の配分が重要です。
後継者の単独所有にするのか、共同代表を前提に共有にするのか?等を決定します。

②ファミリー
ファミリーとは「家族」のこと。家族内のルール・価値観・家訓等を後継者にどのように引き継いでいくかが課題となります。
ファミリーミーティング(家族会議)を開催し、家族での話し合いの場を定期的に持つことが重要です。

ファミリービジネスの特徴

*ファミリービジネス(オーナー・同族会社)では、経営観点の他、
所有観点と株式の承継、家族観点と後継者の育成等、幅広い観点から検討します。
経営承継について、何から手をつければ良いかわからないというケースも多く、課題も複合的に絡み合っています。
したがって、経営分析だけでなく、所有、家族の3つの観点からの分析(スリーサークル)で課題を整理し分析が必要なのです。
この分析結果を踏まえて、事業承継のスケジューリングをおこないます。

スリーサークルモデル

スリーサークルモデル

(出所:(株)日本FBMコンサルティング)

コンサルティングの特徴

事業承継ガイドブック、後継者ノート、仕事の手仕舞いノート等のコンテンツを活用しながら、課題を見える化します。
コンテンツの活用で課題を顕在化し、将来発生しそうな潜在的な課題も洗出だし事業承継や相続問題も解決いたします。

Return Top