事業承継補助金.com │ 申請代行、承継後の成長戦略も立案

事業承継補助金.com

行政書士オフィスMIRAI/株式会社フューチャースタイリスト

050-5850-3422

電話受付時間 : 平日9:30~20:00休業日:土日祝(緊急案件は休日も対応可)

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

事業承継の現状

「1」中小企業の経営者の高齢化と後継者不足

中小企業の経営者年齢の分布データによると、1995年の経営者年齢のピークが47歳。これに対し2015年の経営者年齢のピークは66歳であり、経営者年齢の高齢化が急速に進んでいます。

この状況の理由の第一が後継者不在であり、経営を引継ぎたくても引き継げず、事業承継が先送りされているからです。

「2」事業承継への取組を先送りしている理由

①事業承継の進め方がわからない。
②実情に対する認識が不足している。
③経営者に定年はないため、自分の引退は自分で決める必要がある等
事業承継には諸問題が山積されています。後継者の育成期間を含めると、事業承継には5年~10年を要するともいわれ、先送りされる理由がみてとれます。

「3」事業承継をする上で、決めなければならないこと

事業承継において、決めなければならないポイントは以下の二つです。
・経営者の交代はいつにするのか
・後継者は誰にするのか

しかし、この二つを決めることは大変難しい・・・。

事業承継は新しいリーダーに企業経営をバトンタッチする「ビックチャンス」です。

これを絶好の機会をとらえ、積極的に企業を変革し飛躍成長のきっかけにしませんか?

当事務所では、補助金を活用した「事業承継戦略」を提案しています。

最小の自己負担で最大効果をたたきだします。

自分だけでは不安を感じる経営者様は、補助金コンシェルジュ、事業承継の専門家、行政書士オフィスMIRAIにご相談ください。

Return Top