事業承継補助金.com │ 申請代行、承継後の成長戦略も立案

事業承継補助金.com

行政書士オフィスMIRAI/株式会社フューチャースタイリスト

050-5850-3422

電話受付時間 : 平日9:30~20:00休業日:土日祝(緊急案件は休日も対応可)

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

事業承継計画書とは

事業承継計画書とは、会社の中長期的な経営方針や目標を設定し、
その実行に向けて 会社・経営者・後継者それぞれの具体的な行動を書面化したものです。

事業承継作成においては
①社長の交代はいつするのか?
②後継者は誰にするのか?
がポイントです。この2点を基軸に行動スケジュールを決定します。

まず、
後継者と交代時期を決め、逆算してスケジュールを決定します。
・利害関係人への理解を得る。
・自社株の移転時期、移転方法
・定款の内容の見直し、
・従業員や取引先への説明
・退職金額の決定は支給時期など
事業承継では多くの問題が山積しています。

簡単にいえば、事業承継計画を決定=「人」「資産」「知的資産」の承継スケジューリングです。それを整理し「見える化」したものが、「事業承継計画書」なのです。

事業承継は、
①社長の交代時期
②後継者候補
を決めることが最も重要です。

中小企業庁の「事業承継ガイドライン」です。(親族内承継・従業員承継の場合)

事業承継ガイドライン

事業承継ガイドライン
手続きの流れ

この図からも分かるように、事業承継は継続企業(ゴーイングコンサーン)には不可欠な道です。
早い段階で計画を立てて進めていくことがポイントです。
どのように事業承継を進めれば良いかわからない。。という方は、弊社までご連絡ください。
「事業承継の計画書」の作成・提案などをいたします。

Return Top