事業承継補助金.com │ 申請代行、承継後の成長戦略も立案

事業承継補助金.com

行政書士オフィスMIRAI/株式会社フューチャースタイリスト

050-5850-3422

電話受付時間 : 平日9:30~20:00休業日:土日祝(緊急案件は休日も対応可)

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

代表挨拶

代表 林田玲子より

事業承継補助金.com 代表 林田玲子です。
現在、補助金申請に特化した行政書士として活動をしています。

なぜ、補助金申請に特化しているのか?
日本には3,000種類以上の補助金があるのにもかかわらず、
一部の情報強者の企業のみ毎年申請し、情報弱者の企業は自己資金や融資で事業資金を捻出しています。

この不公平をなんとかしたい!
との思いが強かったからです。

さらに今後は、事業承継に舵をきり、補助金を活用した
「事業承継支援」に力を入れていきたいと考えています。

事業承継支援のきっかけは、実家の事業承継トラブルをうまく解決できなかったからです。
私の実家は、弟が会社経営の3代目社長です。
初代が家具の製造販売。
父の代で食品関係に転業。
弟は別会社で独立。4代目をどうするかで家族は揉めに揉めていました。
当時の私は、事業承継や家族問題の解決方法がわからず、会社や家族内のトラブルを
収めることができませんでした。

日本は99%が家族経営の中小企業です。
日本中で事業承継問題や家庭内のトラブルがおこっているはずです。
経営者の高齢化は進んでいます。(父は85歳の今も、現役で働いていますが・・)
中小企業が抱える複雑な問題を先送りにしてはなりません。
そこで、一年発起して事業承継関連の法律を猛勉強しました。

さらに事業承継は、様々な権利の承継や許認可の引き継ぎも絡んできます。
そのお手伝いをするために「行政書士」を取得し登録しました。

「行政書士オフォスMIRAI」「株式会社フューチャースタイリスト」の名前には、
中小企業の「未来」を明るく照らすビジネスを「スタイリング」したい!
との思いが詰まっています。

日本政府は事業承継を国の重要課題と位置付けて、補助金で支援しています。
この補助金はとてもマイナーで活用している事例が少ないのです。
昨今はM&Aの流行もあり、少しずつ認知度が高まってきました。
専門家に支払う費用は高額です(貰う側の人間がいうのも変ですが・・)
この費用を補助金で賄うことができたら、事業承継がさらに進むはずです。

後継者問題や相続問題で頭を抱えた経営者の方に、是非活用していただきたいと思います。

そして、中小企業がもつ「世界に誇れる技術」や「おもてなしの心」を
次世代に伝えてゆく手助けをいたします!

プロフィール

普通の主婦からいきなり「ダイエット事業」で起業し、商業出版や大学のオープンカレッジの講師まで務めるも、「あれ?一番勉強したのは、法律と経営なのに、ここで何しているのだろう?」と方向転換。
事務所経験もなく、いきなり行政書士として開業。
創業時、誰に教わるでもなく、補助金2本を立て続け採択させ「才能あるかも?」と
補助金申請に特化し事業を展開、現在に至る。

名前 林田玲子
経歴 ・2015年 ダイエット事業で起業
・2016年 行政書士・コンサルタントとして開業
・2020年 (株)フューチャースタイリスト設立
学歴 ・仙台法経専門学校卒業
・武蔵野美術大学短期大学部卒業
・産業能率大学卒業
趣味 ・ジョギング(毎朝、代々木公園走ってます)
・ヨガ(インストラクターとして8年間)
・スキューバーダイビング
好きな本 ・宮本武蔵 三国志(歴女です!)
・ラムセス2世(海外の歴史も好き)
・筒井康隆(一時ハマってほぼ読破)
好きな言葉 幸せの数を数えれば、すぐに幸せになれる
幸せと感じる瞬間 お風呂にはいってボーっとしている時
仕事にやりがいを感じる瞬間 先生ありがとう!の一言をいただけた時
出身 秋田県の横手市(一応、秋田美人?)
年齢 57歳(自分でもびっくり!)
血液型 B型
資格 ・行政書士 ・事業承継士 
・FP2級 ・簿記2級
・宅建士
・インテリアコーディネーター他
好きな食べ物 焼肉・寿司(ほとんど高校生・・)
今までで一番感動した出来事 子供が生まれた瞬間
最近の感心事 オリンピック(無観客でもいいから開催希望)
Return Top