事業承継補助金.com │ 申請代行、承継後の成長戦略も立案

事業承継補助金.com

行政書士オフィスMIRAI/株式会社フューチャースタイリスト

050-5850-3422

電話受付時間 : 平日9:30~20:00休業日:土日祝(緊急案件は休日も対応可)

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

サービスの流れ

1.お問い合わせ

まずはお電話かメールにてお問い合わせください。

050―5850―3422
対応時間:9:00~18:00(月~金)
休日:土日祝日

なお、メールでのお問い合わせはお問い合わせフォーム(メールフォーム)をご利用ください。

※お電話がつながりづらい場合には、お手数ですが時間をおいておかけ直しいただくか、メールにてお問い合わせいただければ幸いです。

>> メールでのお問い合わせはこちらをクリック

2.初回相談

相談をご希望の場合には、予約システムより希望相談日をご指定ください。
当日は、ZOOMにて相談を行います。

>> (リンク先を確認)相談予約のお申込はこちらから

この際、ヒヤリングシートお送りしますので、ご記入をお願いいたします。
ヒアリングシートは、5分ほどで入力できる、簡単な内容です。

あらかじめヒヤリングシートにご記入いただく事で、より具体的で的確なアドバイスが可能になります。
また、お客様との時間を中身の濃い、有用なものにできます。

初回相談30分無料でお受けいたします。(30分毎に追加料金5,000円)
初回特別価格:2,000円のコースもありますので、ご検討ください。
(補助金の基礎やトレンド情報満載のビデオ視聴+個別面談50分)

>> (リンク先を確認)お支払いはこちらから

3.ご契約

初回相談の後、見積書を作成させていただきます。
お見積りをご覧頂き、内容にご納得いただけましたら、ご契約となります。

この段階でお気に召さなければ、初回相談のみで料金は発生いたしませんので、ご安心くださいませ

4.各種書類の準備

ご契約後、契約内容にそって必要な各種書類をご用意いただきます。

>> (リンク先を確認)契約別の必要書類はこちらから

ご不明点やご相談などございましたら、なんでもご相談いただければと思います。

補助金・助成金申請の一般的な必要書類と取得方法です。

>> (リンク先を確認)他の契約についてはこちらのページをご覧ください。

補助金・助成金申請に必要な書類・手続き

補助金申請時、ヒヤリングシートにもとづき、事業計画書(経営計画書)を作成します。
その他、企業の実態を把握するために以下の資料が必要となります。

主なものを例示していますが、補助金によって添付書類は異なります。

法人 個人
確定した決算書類(直近から2期分)
損益計算書・貸借対照表

顧問税理士に問合せするか、経理部からお取り寄せください。

確定申告書(別表2)
青色申告の書類一式(個人事業主)

顧問税理士に問合せするか、経理部からお取り寄せください。

履歴事項全部証明書(法人)

お近くの法務局で取得できます。
収入印紙が必要

開業届

開業時、税務署に届けたA4の書面です。

納税証明書

申告している所轄税務署に直にいってお取り寄せください。

手数料の金額に相当する収入印紙または現金、本人確認書類、印鑑を持参
(代理人の場合:委任状と代理人の印鑑)

納税証明書

申告している所轄税務署に直にいってお取り寄せください。

手数料の金額に相当する収入印紙または現金、本人確認書類、印鑑を持参
(代理人の場合:委任状と代理人の印鑑)

法人印 個人印(認印可能)

※補助金・助成金申請ごとに必要書類は異なりますので、契約ごとにお知らせいたします。
※役所に行く場合、必ず電話し、必要書類の確認をお願いいたします。

5.サポートスタート

補助金パスポートにご登録いただいた方へ、年間補助金・助成金のスケジュールを作成しています。

年間スケジュールを作成することで、補助金申請のチャンスを逃さず申請することができます。

また、雇用関係の助成金についても提携社労士が同様にスケジューリングをおこないます。

さらに、事業承継は年単位のサポートが必要な場合もあります。

顧問契約を締結し、事業承継のパートナー、として貴社の事業承継をサポートいたします。

Return Top